いつでも生足OK!簡単ケアで角質除去、つるつるの足の裏に

フットケアのことならドクター・ショール > トータルフットケアNAVI > いつでも生足OK!簡単ケアで角質除去、つるつるの足の裏に

いつでも生足OK!簡単ケアで角質除去、
つるつるの足の裏に

人によっては普段あまり気に留めない足の裏。露出が多い季節になり、サンダルを履く時期になってようやくガサガサの膝やかかとに大慌て…という人もいるでは?女子たるもの、1年中いつでもきれいな生足でいたいですよね。古い角質は、放置しておけばおくほどケアに時間がかかります。足の角質が硬くなる原因と、簡単に出来る対策、そして予防について知っておきましょう。

足の角質、硬くなってしまうのはなぜ?その原因は?

足の角質が硬くなる原因は主に2つ。乾燥と外からの刺激(摩擦)です。膝やかかとには皮脂の出る腺があまりないので、もともと乾燥しやすい部位なのです。外部からの刺激についていえば、膝は床に着けたりする事が多く、かかとは体の中で一番体重がかかる部位。そのため体の防御反応が働いて皮膚が分厚くなってしまうんです。さらに靴やストッキング、ケアのし過ぎなども刺激に。分厚くなった角質を放置しておくと、新しい細胞が表面に上がってこれず乾燥が進み、ついにはひび割れたり、皮膚がめくれたりしてしまいます。もちろん、痛みやひどいひび割れ・炎症、かゆいなどの症状があれば病気の可能性もあるので、皮膚科を受診しましょう。

いつでもつるつるの足の裏でいたい!その対策は2つ

大事なのは、古い角質を「除去」することと「保湿」です。膝やかかとがガサガサのまま保湿しても奥まで浸透しないことも。なので、まずは古い角質を落とすのが先決です。かかとなら「かかと専用のやすり(ファイル)」が簡単。お風呂に入って十分皮膚を柔らかくしてから行ないましょう。除去した後は、クリームやオイルでたっぷり保湿します。靴下を履いたり、ラップでくるんで寝るとさらに効果アップ。市販のピーリングジェルやパックは、自分の肌に合うかどうか注意して選んで下さい。

今日から実行!毎日のお手入れで足のガサガサ予防

実は日々のちょっとした努力で、きれいなひざやかかとはキープできます。まずは、サイズが大き過ぎる、あるいは小さすぎる靴を履き続けて、足に不要な摩擦を与えないこと。靴を見直すか、インソール(中敷)などで調節しましょう。血行を良くすることも、お肌の新陳代謝を促し、足の角質ケアに役立ちます。お風呂でゆっくり、ふくらはぎから足裏をマッサージしてあげましょう。そして1日1回は、足の保湿を忘れずに。顔のお手入れのついでに、膝やかかとにも化粧水や保湿クリームを。毎日保湿していれば、頻繁に角質除去を行なう必要もなくなってきます。

足の角質ケアは、ちょっとした努力で高い効果を期待できます。大事なのは、余分な刺激を与えないことと保湿。毎日短い時間でも続けることで、つるつるすべすべの膝やかかとを手に入れましょう。