知ってる?かかとの角質がガサガサになる原因と対策

フットケアのことならドクター・ショール > トータルフットケアNAVI > 知ってる?かかとの角質がガサガサになる原因と対策

知ってる?かかとの角質が
ガサガサになる原因と対策

サンダルを履きたいのに足に自信がない、ストッキングがすぐに伝線してしまう…こんな経験をした覚えはありませんか?足のかかとは皮膚のなかでも特に乾燥しやすいパーツです。何もせずにいると角質がどんどん厚くなってしまい、次第にごわつきやひび割れなどのトラブルを起こしやすくなります。つるんとキレイなかかとを手に入れるために、角質が厚くなる原因や足裏ケアのコツを知っておきましょう。

かかとの角質が厚くなる原因ってなに?

かかとの角質はさまざまな原因によって厚くなります。まず、かかとには皮脂腺が少ないために乾燥しやすいことが挙げられます。皮脂の分泌量が少なく油分不足になりやすいので、秋冬シーズンになると乾燥が悪化しやすくなります。さらに年齢を重ねて肌の保湿力や新陳代謝が衰えていくと、かかとのゴワつきも改善しにくくなっていきます。加えて、皮膚には刺激を受けるとダメージから身を守るために硬くなる性質があるため、ヒールを長時間履いているだけでも角質に影響が出やすくなります。
日頃のストレスによって古くなった角質が残り続けてしまう「角質肥厚」が起き、かかとの状態が悪くなる女性も珍しくありません。靴を履かないで生活するのは難しいでしょうから、古い角質は削り落として、肌の生まれ変わりをサポートしてあげましょう。

こんな症状があったらケア必須!?角質セルフチェック

かかとの角質が厚くなっているかどうかは、見た目や手で触れたときの感触で確かめることができます。例えば、かかとの表面が白く粉をふいている、乾燥してゴワゴワしている、触ると硬くなっているなどの症状は角質ケアが必要なサインです。普段ストッキングを履く機会が多い女性ならば、かかとから伝線したり、履くときにかかとで引っかかったりする場合もあります。
乾燥やゴワつきの症状を放っておくと、かかとにひび割れが起きやすくなります。さらには悪化して赤みやかゆみが出てきたり、出血して炎症を起こす可能性も考えられます。ひどい痛みやひび割れ・炎症が出れば病院へ行かなければなりませんので、日頃からかかとの角質ケアを行ってトラブルを予防しましょう。

かかとのガサガサを予防する方法

かかとのガサガサを予防するには、毎日保湿をすることも大切です。毎日のバスタイム後に保湿用のクリームを塗ることを忘れないように気をつけたいですね。また、かかとが外気に触れるようなサンダルなどの靴を避けることも予防につながります。

角質対策でツルツルのかかとを手に入れる

かかとをキレイにする方法はとてもシンプルです。自宅でのセルフケアでも角質除去ができますので、やり方を覚えて実践してみましょう。 まずは入浴をして皮膚をやわらかくします。シャワーではなく湯船に浸かるか、足湯にしましょう。次に、乾いたタオルで水分を拭き取ったら、かかと専用のやすりを使って古い角質を削ります。やすりがけが終わったら軽くタオルではらって、化粧水や保湿クリームを塗って仕上げます。すぐに寝るときは靴下を履いてベッドに入りましょう。ちなみに、かかとの角質を削るのは週に1回ほどが目安です。

サロンでフットケアをする時間がなくとも、自宅でかかとの角質ケアができる市販グッズを使えば簡単です。脚の状態が気になる季節にはぜひ活用して、ツルツルのかかとを手に入れてみませんか。