TPOに合わせた靴の選び方

適切なスタイル

ライフシーンにあったスタイルの靴を選ぶ

仕事、歩行、運動、遊び、流行やおしゃれなど、靴を履くライフシーンはさまざま。
シーンに合わない靴を履いていると、履き心地が悪いと感じるはず。
靴を選ぶ時には、シーンに合った靴を選びましょう。

ハイヒールは履くことによって背が高くなり、体全体が細く、ふくらはぎが引き締まって見えます。脚は長く、足元は小さく見えるうえに、アーチの優雅なカーブが女性らしいセクシーな印象を与えます。

しかし人間の足はもともとへ平坦な歩行に適しているので、ハイヒールを履くと足裏の前部にかかる体重と圧力が増し、痛みの原因になります。
パーティーフィートのようなインソールを敷くことで、足裏前部の痛みを手軽で効果的に予防することができます。
またスリッポンタイプではなく、足首周りにストラップが付いたデザインを選ぶことで、歩く時の不安定さが軽減されます。

ただし、足裏前部の痛みは単なる靴ずれではなく、何らかの深刻な病気の症状であることも考えられます。ハイヒールを脱いだ後も短時間で不快感が消えない場合、あるいはフラットな靴を履いている時や裸足で歩いている時にも症状がある場合は医師の診察を受けてください。

ウォーキングの時に履く靴は、ゆったりとして足の甲、両サイド、かかとのどの部分も擦れないことが大切です。ただし、靴の中で足が泳ぐようではゆったりし過ぎです。つま先の先端(親指とは限らない)から靴の先端の間に約1cmの余裕があるのが理想的です。材質は、摩耗に強いレザーアッパー(甲革)が最適です。レザーは長い間履いているうちに足の形になじんでくるだけでなく、ひんやりとした感触を保って汗を抑えます。靴ひもを結ぶタイプは必要に応じて調節が可能ですので最も適しています。靴の中で足が動く時はひもを締めてください。

平日はほとんどの人が一日中靴を履いて過ごします。
その場合は実用性が最も重要です。快適な履き心地で足にぴったりフィットする靴を選びます。
薄いレザーソール(革底)の靴などよりは、柔軟性のある厚いソールの靴の方が快適です。また、職場の環境による歩行条件も考慮する必要があります。屋内か屋外か、濡れているか乾燥しているか、暑いか寒いかなどを考慮して、必ずその場面に合った靴を選びます。

ジム、路上、家の周囲など、どこで運動をするにしても、無用な怪我や、まめ、タコ、外反母趾などのトラブルを避けるためにも快適であることが一番大切です。運動やスポーツの種類に応じて選択範囲は非常に広いので、必ず目的に合った適切なフットウェアを選ぶようにしてください。