巻き爪

巻き爪の手軽な応急処置
コットンパッキングとテーピング

巻き爪が痛む時の処置として、コットンパッキングとテーピングという二つの方法があります。共に応急処置なので、爪を矯正する力はさほどありませんが、痛みは軽減されます。軽度の巻き爪の方や、病院に行くほどでもないという方は、一度試してみて下さい。

コットンパッキング

コットンを米粒大に小さくちぎって、丸めます。それを、巻き爪の刺さっている部分にピンセットで詰め込むだけ。簡単でしょ?この方法は、自分で手軽に出来るのが魅力です。上手くいけば隙間が徐々に広がるので、軽度の巻き爪には有効かもしれません。ただし、患部が化膿していたり、コットンを挟む余地がない場合は、決して強引に詰め込まないこと。かえって悪化してしまいますので、ご注意下さい。

テーピング法

テーピング法は、皮膚を引っ張って爪から離すものと、爪と皮膚の間に巻きつけるものの2種類があります。ご自分の足の状態にあったものを選んでください。

テーピング法1(皮膚を引っ張るタイプ)
1. テープの端を出来るだけ爪の右端のギリギリに貼ります。
2. 爪から皮膚を引き離すように、皮膚ごとテープを強く引っ張りながら指の下を通し、反対側へ回します。
3. 指の下から回したテープを、爪の生え際の下に斜めに引っ張り、貼り付けます。
4. 反対側の左端も同様に処置し、両側から引っ張ってクロスさせて完成です。

テーピング法2(爪と皮膚の間に巻くタイプ)
1. 巻き爪になっている指を、爪を囲むようにテーピングします。この時、3ミリほど爪にかかるように、優しく貼ってください。(テーピング法1のように引っ張らないこと!)
2. 3ミリかぶさっている部分を、ピンセットで食い込んだ爪の内側に詰め込みます。ここで痛みがあったり、テープが入る余地が無い場合は、無理をしないで下さい。

コットンパッキング法もテーピング法も、やるのは足が清潔である入浴後がベスト。逆に、入浴前にやってしまうと、コットンやテープが濡れて不衛生になるので気をつけましょう。効果を感じない、あるいは悪化した時は、迷わずお医者さんに診てもらってくださいね。

<参考>
http://ingrown-toenail.biz/archives/123
http://footcare.mi-so-no.jp/article/13760413.html