巻き爪の症状・予防・対策

巻き爪

巻き爪は爪のふちが足指の皮膚に食い込む症状です。
悪化すると、激痛を伴い、足指は赤く腫れあがり敏感になります。出血を伴い、感染のリスクが増大する場合もあります。感染が起こった場合、多くは、歩行、立ち座りに支障をきたします。
親指が最も巻き爪になりやすいのですが、その原因としては、爪を切りすぎて深爪になってしまうこと、合わない靴を履くことで指に過度な圧迫がかかることなどがあります。
特にサッカーなどのスポーツをする人たちは、窮屈なシューズでボールをけり続けることで、爪を損傷しやすく、巻き爪になるリスクが高くなります。

正しい方法で爪を切ることで、巻き爪は予防できます。爪は自然な形に沿ってまっすぐに整えてください。皮膚ぎりぎりまで切り過ぎずないようにし、逆むけは取らないようにしましょう。

また、つま先のきゅうくつな、サイズの合わない靴を選ばないようにしましょう。

巻き爪の自己治療はおすすめしません。専門の医師に相談しましょう。専門の医師は巻き爪が食い込んだ部分にコットンを詰めたり、薬品を使って爪患部の細胞を取り除いたりします。
また、巻き爪用クリップのような形状記憶合金でできた器具を使うことで、変形した爪を改善します。