歩行による疲れや痛み

衝撃吸収だけじゃない!
インソールのもう一つの効能

「パンプス用のインソール(中敷き)=歩行を快適にするグッズ」と思っていませんか?

もちろんそれは正解。他にも、土踏まずのサポートや偏平足の改善、靴ずれの予防など、インソールには沢山の機能があります。でも一つ、見落とされがちな重要な役割があるのです。それは、「靴を清潔に保つ」ことです。

春から夏にかけて、裸足でパンプスやサンダルを履く機会が増えると、靴の中は汗だらけ。一気に雑菌の温床となります。

特に革製の靴の場合、皮(足)on 革(靴)となるため、汗や皮脂が堆積しやすく、雑菌にとっては天国のような環境。暑さも手伝って、どんどん臭いが凶暴化します。こうなると、どんなに足を綺麗にしても無駄。洗ったそばから汚れに足を突っ込んでいるようなものですから、足のトラブルが減るわけありません。靴は靴下と違って簡単に洗えないことを、皆さんお忘れなのかしら?雑菌アイランドと化した靴で、果たしておしゃれと言えるのか…。大きな疑問が残ります。
そこで登場するのが、インソール。足と靴との間にインソールを一枚入れることで、靴そのものに雑菌が繁殖するのを防いでくれるのです。

種類に関しては、抗菌タイプはもちろんのこと、ジェルタイプでもOK。ジェルインソールは大抵洗うことが出来るので、手入れをすれば毎日気持ちよく使うことが出来ます。ただし、入れっぱなしは厳禁!靴を脱いだら必ずインソールを外し、しっかり乾燥させることをお忘れなく。

「素足のおしゃれにインソール」夏の合言葉として、ぜひ覚えておいてください。