母趾球の痛みの予防・対策

(ハイヒール着用時の)母趾球の痛み

母趾球(体重の加重をうける足裏の前部分)の焼けるような痛みは、ハイヒールの着用時によく起こります。ハイヒールをはくことで、人間本来の立ち姿の時よりも足の前部分に体重がかかるようになるからです。
残念なことにこの痛みはハイヒールを脱ぐまで無くなることがありません。

ハイヒールの着用が長時間になるほど痛みは鋭くなってきて、重心を片足ずつ交互に置きかえたり、座るなどして、完全に体重が足にかからないようにする必要が出てきます。

ハイヒールを履く際、母趾球(体重の加重をうける足裏の前部分)の付近にジェル ハーフ・インソール ウルトラスリムなどのインソールを敷くことで、痛みが発生するのを防ぎます。
また、定期的に座ったり、長時間続けて歩くのを避けたりして、定期的に足を休ませるようにしてください。

靴の中にジェル ハーフ・インソール ウルトラスリムなどのインソールを敷くことで、痛みを防ぎます。また、靴の中で汗などによって足が前すべりしないようにする前すべりストッパーなども有効です。

女性向けインソール(ハイヒールなどの痛み)製品