足の臭いの予防・対策

足の臭いの原因・予防・対策

日靴を履いていると、どうしても汗で蒸れて嫌な臭いが漂ってきてしまいます。とはいえ、靴やストッキングを履くことをやめるわけにもいきませんので、セルフケアをして清潔に保たなければなりません。足元の爽快感を高めるために、足の臭いが生じてしまう原因とその対策について知っておきましょう。

足の臭いの原因は?どうして足ばかりクサくなるの?

全身のなかでも、足は特に汗をかきやすい部分です。その証拠に、汗腺の数は両足で25万ともいわれています。汗をかくことにより水分が放出されて、その水分を臭いの原因菌が分解した結果、足裏特有の嫌な臭いが生じる仕組みです。

「臭いの原因は汗だから、汗をかかないように気をつければいい」という考えは、実は正しくありません。汗には体温調節の機能や肌を滑らかに保つ働きなどもあるため、汗をかくこと自体を避ける方法は好ましくないのです。足の臭い対策を行うのならば、臭いの原因菌を増やさないことや汗をかきっぱなしの状態にしないことが望ましいでしょう。

気になる症状は?セルフチェックの方法

自分の足の臭いを確かめるには、1日履いた靴や靴下、ストッキングに鼻を近づけるだけでわかります。外出している最中には気付かなくとも、靴を脱いだ途端にキツイ体臭がするとはっきり自覚できます。自宅に帰ったらシャワーを浴びる前に、脱いだばかりの靴下やストッキングの臭いを一度嗅いでみてください。

日頃の生活習慣のなかでも、足の臭いがひどくなりやすいかどうかがわかります。たとえば「仕事でよく歩く」「靴を履いている時間が長い」など、足裏に汗をかきやすい人は臭いに悩まされがちです。他にも「2日続けて同じ靴を履いている」「脱いだ靴をすぐに靴箱に入れてしまう」といった靴の履き方や保管方法が臭いの症状につながるケースもあります。

自分でできる足の臭い対策

お出かけ前には、足専用の消臭スプレーを使って臭いを抑えましょう。殺菌・防カビタイプのスプレーを吹き付けておくと、汗をかいても嫌な臭いが生じにくくなります。ストッキングの上からスプレーするタイプもありますので、玄関先で使うだけで簡単にケアできます。

靴に消臭効果のあるインソールを入れることも効果的です。消臭効果のある靴下と組み合わせて使えば、足元がさらに快適になります。通気性の悪い革靴やハイヒールをよく履く人は、長い時間靴を履いていても汗を吸収・分散しやすくなる中敷きを使うこともおすすめします。

普段はあまり気にしていなくとも、人前で靴を脱ぐ機会があったときに「足が臭うかも?」と急に不安になってしまう場合があるかもしれません。臭いのせいで自分やまわりの人が不快な思いをしないように、常に清潔な足をキープしましょう。

足の臭いを予防する方法

靴や靴下の選び方を見直すことが重要です。肌への刺激が少ない天然素材の靴下を履き、通気性のよい靴を選ぶようにしましょう。毎日同じ靴を履くことも控えて、1日履いた靴は脱いだあとに日陰で乾燥させ、次の日は違う靴を履くようにローテーションさせましょう。これだけで足の臭いを予防して、お気に入りの靴を長持ちさせることもできます。

さらに足元を清潔に保つために、入浴時には足のすみずみまで洗うことを心がけてください。指や爪の間にある汚れも丁寧に洗い流しましょう。