足の臭い

足がクサイあの子は必ずやっている、靴を履くときの習慣3つ

足のニオイの強弱は人ぞれぞれ。私に限って臭っている事は無い‥という自信のある方はこのページは読まなくても大丈夫です(笑)少しでも足のニオイが気になるという方は、必ず注意して頂きたい事ですので、ぜひ、お付き合い下さい。

足の臭いが強い人というのは、必ず原因を自分で作っています。それが、足のニオイを生み出す次の「3つの習慣」なのです。

@ 素足・ストッキングやタイツだけで靴を履く
足のニオイの原因は汗と雑菌。実は「汗だけ」、「雑菌だけ」ではニオイは発生しません。革靴などは汗が吸収し内側にこもることによって極限までムレた環境を生み出し、雑菌繁殖の温床になっていきます。冬場のブーツなどの密閉された空間はもちろん、夏場のサンダルも素足で直接靴に触れ、汗を吸収させる事で雑菌が繁殖しやすい環境です。ニオイの予防のためには、できるだけ素足で靴をはかない事が望ましいのですが、特に女性の場合、夏場など、素足にならざるを得ない事もありますよね。どうしても素足で靴を履きたい時には足専用の制汗剤を使うか、トイレなどでこまめに拭き取るようにしましょう。

A 毎日同じ靴を履く
毎日ファッションに合わせて靴を変えている♪というオシャレさんは良いのですが、つい履きやすいものに偏って毎日同じ靴を履いてしまいがち、という方は要注意。実はこの習慣が、雑菌の繁殖をこれでもかと促してしまうのです。一度吸収した汗をエサに靴の皮の内部では雑菌が繁殖し始めます。晩のうちに増殖してさらにエサをほしがる雑菌に翌日栄養たっぷりの足汗がしみこんでくる‥雑菌にとっては毎日が天国です。あなたの大切な靴を雑菌の思うがままにさせてはいけません。その日履いた靴は汗を拭き取るか乾燥させるなど保存状態を良くし、2〜3日は休ませるようにしましょう。

B サイズの合わない靴を履く
足のサイズに合わない靴を履くと足が痛くなるのは、皆さん言わなくてもご存知ですよね。ですが、このサイズの合わない靴が足のニオイとムレの原因になるというのはご存知ですか?サイズの小さい靴を履いて歩くと足にストレスがかかり、発汗を促す原因になります。実は足の裏は手のひらととても似た構造になっており、緊張やストレスによって汗をかきやすい部位なのです。反対に、サイズが大きすぎる靴も汗をかく原因になります。よけいな摩擦がかかることで、汗を出して足が滑るのを防ごうとするのです。靴を選ぶ時には長さだけでなく、幅や高さもきちんと計測しておき、ピッタリあったものを探しましょう。

いかがでしたか?3つの習慣、うっかりやってしまっていませんでしたか?足のニオイの解決には、きちんとルールがあったのです。顔のスキンケアと同じ事。自分の足にあった靴を履き、適切なケアを怠らない事が大切なのです。