かかとのひび割れ・痛みの症状・予防・対策

フットケアのことならドクター・ショール > 歩行時の疲労、痛み > かかとのひび割れ・痛みの症状・予防・対策

かかとのひび割れ

かかとのひび割れは、乾燥する季節に特によく見られる症状です。初期の段階ではわずかな刺激がある程度ですが、治療しないで放置すると、激しい痛みを伴い深刻な状態にまで発展する恐れがあります。
この症状は、かかとの乾燥した硬い皮膚が圧力を受けることが原因で、ひびが入ってしまいます。こうした皮膚が黄色や黄みがかった白色に変色することもあります。

ディープ・モイスチャライジング・クリームなどの保湿製品で毎日保湿することで、かかとの皮膚を柔らかに保つことができます。また、かかと部分が露出するような靴を避けることでも予防につながります。

皮膚が水分を失うことでひび割れが起こります。
ディープ・モイスチャライジング・クリームかかと集中保湿ソックスなどを使うことで皮膚に潤いを与えてください。
かかとのひび割れが落ち着いたら、ラフ・スキン・リムーバーツインヘッド かかとファイルを使用して、定期的に角質を落としてください。

かかと・足裏の角質ケア製品