うおの目

たこ&うおのめ撲滅委員会、発足!
「その靴、そのままでいいんかい!」

靴を買うときは、そのフィット感にシンデレラの王子様並みの注意力を!

たこやうおのめ、その直接的な原因は靴にあり。
せっかく気に入って買った靴も、いざ履いてみたら痛くて、我慢して履いたらたこまでできて……(泣)。
もうそんな思い、したくない!と思うなら、あなたの足に合った靴選びをそろそろマスターしませんか?

あなたがどんなに靴マニアであろうと、実はお買い物の中で靴を見るのは後回しにして。百貨店で靴フロアが入り口から一番近くても、今欲しいNo.1アイテムが靴であろうと我慢我慢。まずは素通りしましょう。
そろそろ足が疲れてきたかも……と思ったぐらいが、靴屋さんに入るべきタイミング。足が元気なときに合う靴を見つけても、あとでキツくなるのがオチ。それならはじめから、むくんだタイミングで合う靴を見つけるのが得策なんです。

さて、お気に入りの靴が見つかったら、まずは両足とも履いて早歩きしてみて。それから座ったりかがんだりなんかもしましょう。「変な人がいる!」って思われてもかまわないで。あなたの今後の靴LIFEを左右する大事な時間です。痛いところや、あたるところはないですか?特につま先やくるぶし、かかとに気をつけて。今は痛みを感じなくても少しあたるだけで、長時間履いているとキツくなることがしばしば。注意深くチェックしましょう。
気分は、靴に足が本当にちゃんとフィットしているかチェックする王子様。

適材適所のケアで、手持ちの靴ももう痛くない!

これから買う新しい靴対策はばっちりですね。とはいえ、すでに持っている靴だって履かないわけにはいきません。

なら、手持ちの靴でも痛くならないように足に細工を。

使うものは保護パット。
足裏が痛い場合は、底まめ用をチョイス。
指の上側が痛い場合や指の間が痛い場合は、それも専用の保護パットを使って。ちなみに小指の外側が痛い場合は、土踏まずに部分用インソールを入れて足裏にアーチを作ってあげるのも手。

にしても保護パットっていろいろ種類があるんですね。これなら、自分の痛みに合うアイテムが見つけられますね。