うおの目

足裏界の新常識!
たこ&うおのめは、ゆとり治療の時代です!

ゆとり教育、ゆとり世代、ゆとり社員……
えてして「ゆとり」とは揶揄する場合に使われがちですが、こと、たこやうおのめの治療に関しては別です!
とにかくこの世から早く抹殺したい!と、削ったり切り落としたりするスパルタ治療はもう時代遅れ。
もっと優しく、もっとラクに治してあげる、これが足裏界の新常識なんです。

あなたが今悩んでいるたこ&うおのめはどの段階ですか?レベル別にゆとり具合を変えていきましょう。

レベル1:軽い段階のたこには思いっきりゆとりを! というよりむしろほぼ放置せよ!
痛む場所が赤く腫れてきたり、硬くなってきたり……というのが初期のたこ。この段階のたこを削るのは実は危険なんです。肌を傷めてしまう可能性大。
こういうときはとりあえず、痛む靴をチェンジ!ってわけにもいかないので、保護パットを使って患部を優しく守ってあげましょう。私としてはいろいろ使ってみた結果、ジェルタイプのものが肌あたりもいいし摩擦もないのでお気に入りです。
守ってあげるだけで、何もせずとも軽いたこは自然に治っていく……。自分の治癒力を信じてあたたかく見守ってあげることが、治癒への近道だったんですね♪

レベル2:中程度〜重度のたこ&うおのめは、5秒以上かけずにじんわりと、焦らず痛い思いをしない攻め方を!
すでに硬くなってしまったたこや、芯がやっかいなうおのめをなくしたい場合は、ジェルタイプのリムーバーを使っています。病院に行く必要なし、夜寝る前にやらなきゃ!という煩わしさもなし、危険な刃物も必要なし、という優れものなんです。
家や会社、好きなときに1日数回、患部に塗るだけ。1回5秒もかかりません。
薬のついたシールを貼って治すものもありますが、そういうタイプはズレると危険なので寝る前などにしか使えなかったりしますよね。液だれしにくいジェルタイプならその心配はなし。患部にピンポイントで効くから、肌に余計なダメージを与えてしまう……なんてこともないんです。
たこ&うおのめの状態にもよりますが2〜5日で完治。うおのめの場合、芯が残っていないかを確認してから使用を終えてくださいね。治療後は、細菌が入らないようにしっかり消毒して、バンドエイドなどで保護を。

以前よりずっと効率的でリスクがないゆとり治療、あなたの足だってきっと喜んでくれますよ。