うおの目の原因・予防・対策

痛い魚の目!発生原因の除去とケア、
再発を防いで美しい足裏を目指しましょう

いつの間にか足の裏や指にできてしまった魚の目。靴にあたったり歩いたりするたびに痛むようになってしまいます。ひどくなると痛くて歩けなくなることもあり、日常生活に支障をきたしてしまいます。痛い魚の目のせいでせっかくのおしゃれな靴が履けなかったり、お出かけが苦痛になったりしないように早めにケアをしましょう。

なぜ、魚の目はできるの?

魚の目は、脚の裏や指など同じ場所に負荷がかかったり摩擦が起きたりしてできます。常に負荷のかかっているところは皮膚の角質が厚くなり芯ができ、患部がまるで魚の目のように見えることから「魚の目」と言われています。魚の目のできる原因としては、小さい靴や幅のあっていない靴などサイズのあっていない靴またはハイヒールなどを長い時間はいていることによって、足の指や付け根が圧迫されることが原因となることがほとんどですが、普段の立っている姿勢や歩き方の癖など、身体のバランスが崩れたことが原因となっている場合もあります。

魚の目の症状とできやすいところ

魚の目は、常に圧迫や摩擦を受けている部分にできます。皮膚の角質層が厚くなり、中心部分に芯ができてきます。同じように角質が厚くなるタコには芯はありません。魚の目の場合は、中心にできた硬い芯がだんだんと皮膚の深くにまで入り込み神経を刺激してひどく痛むようになり、「まともに歩くこともできないほど痛い」なんてことも。重症化すると魚の目を除去するのにも時間がかかってしまいます。魚の目のできやすい場所は、足の指の付け根、親指や小指の外側、足指の関節がまがっているハンマートゥの場合は足指の上側など、圧迫されやすいところです。また、つま先の細い靴を履き続けたり、巻き爪だったりした場合は指と指の間に魚の目ができることがあります。

魚の目ができないようにするには

魚の目ができて痛い思いをしないためにはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。魚の目ができる原因は圧迫や摩擦です。まずは自分の足をチェックしてみましょう。足の指や指の付け根など皮膚が固くなっているところがあったら要注意です。放っておくと角質が厚くなってきて魚の目になってしまうかもしれません。早めに角質除去などのフットケアをすることで予防できます。また、靴のサイズがあっていないことも魚の目ができる原因の一つです。つま先の細い靴や指の付け根部分がきつく感じる靴は履かないようにし、シューフィッターのいる靴店などでサイズを見直すのもよいでしょう。また、底の薄い靴も地面からの圧力が強くなるので、クッション性のあるインソールを使うことで魚の目やタコの予防になります。

魚の目ができてしまったらどうやって除去する?

日頃のケアをしていてもできてしまった魚の目。まだ初期の段階で角質が固くなっていても痛みがあまりない場合でしたら、市販されている魚の目・タコ用の保護パッドやクッション性のあるインソールを使うことで改善することがあります。また、芯ができてしまったうおの目でも市販のサリチル酸配合のスピール膏などを貼り、厚くなっている角質を柔らかくし少しずつ削っていくことで魚の目を除去することができます。魚の目は芯を完全に除去しなければ再発することがあります。また、靴などによる圧迫を除くなどの対策をしなければまた魚の目ができてしまうこともあります。セルフケアで除去し切れない魚の目や痛みがあるような魚の目を除去するためには皮膚科専門医を受診し適切な処置をしてもらいましょう。
魚の目は、日ごろのケアで防ぐこともできます。また、軽度の症状であれば保護パッドやスピール膏を使い除去することもできます。しかし、根本的な原因であるサイズのあっていない靴やアンバランスな姿勢や歩き方などを改善しないと再発してしまいますので注意しましょう。また、糖尿病などの持病がある場合には、自分で魚の目を除去しようとして細菌に感染する恐れもありますので皮膚科の専門医に診てもらいましょう。