むくみについて

寝起きのゾウ脚に愕然!
恐怖の「朝むくみ」の原因は?

朝起きるとビックリするくらい脚が肥大化し、だる〜く、重い。朝出かける時のパンプスがきつく感じる‥。
そんな、一日の始まりにガクンとテンションが下がってしまう脚の「朝むくみ」。

一体何が原因なのでしょうか?

脚のむくみの主な原因

脚のむくみの主な原因として、筋肉による血液のポンプ作用が弱まっていることが挙げられます。脚の血液は静脈を経由してから心臓に戻ります。約10%の血液はリンパ管を経由するのです。この時、リンパ管の機能が健全でないとスムーズに流れなくなり、むくんでしまいます。
このほか、水分や塩分の過剰摂取などもむくみを引き起こします。

朝むくみの主な原因

健康な状態の脚であれば、日中のむくみは横になっている間にある程度解消します。しかし血液のポンプ機能が弱っていると、足先の血液が頭の方に流れる事無く滞留してしまうのです。

また、生活習慣の中のむくみの原因としては、おやすみ前の水分の過剰摂取、塩分の多い食事などです。水分だけでなく、アルコールもまたしかり。夜遅くまで飲んで帰宅後、すぐに眠ってしまったりすると、水分は排出されることなく体にとどまってしまいます。

この他、睡眠不足やホルモンバランスの影響でむくむ場合もあります。女性の場合は生理による体調の変化でも足がむくむことも多くなります。

今すぐ気をつけたい、朝むくみ解消のコツ

食生活や運動習慣がむくみに直結するため、朝の脚のむくみが気になる人はまず、以下のような身近なポイントから見直してみましょう。

・塩分を取りすぎない
・寝る前に水分を取りすぎない
・足首の下に足枕を置き、足を高くして寝る
・着圧ソックスなどのケアグッズで血流をサポートする

朝のむくみが気になる場合の大半は、生活習慣を整えたり、上に書いたような対策をしたり、睡眠を充分とったりすることで改善が見られます。しかし対策をとっても全く改善が見られず、朝のむくみが解消しないという場合には、内分泌、腎臓、心臓、肝臓などの臓器に病気が隠れている可能性も考えられます。

単なるむくみだと思って侮らずに、病院を受診するなどして、原因を探りましょう。