靴ずれ・まめ

痛くならない靴には必ず「捨て寸」がある!

実は、ぴったりな靴はNG

「せっかくぴったりだと思って買ったのに、履いているとやっぱり痛くなってしまった。」そんな靴はありませんか?
あなたが持っている中で痛くない靴(サンダルを除く)を出して確認してみてください。履いたときに、靴の先端とつま先の間に余裕がありませんか? この余裕を「捨て寸」と呼びます。実はこれが相性のいい靴選びに欠かせないポイントだったんです。相性のいい靴とは実は、“ぴったりな靴”なのではなく、“少し余裕のある靴”のこと。

「捨て寸」で足先に自由を!

日頃は気づかないものですが、足は、歩くと靴の中で前後に動きます。例えば、素足で靴を履いて歩くと、靴に対して足が前に滑って、足裏の皮が靴に引っ張られるような感覚になったことはありませんか?それは足が動いている証拠。
この足の動きを妨げてしまうと、足先が窮屈になって痛くなってしまったり、外反母趾になってしまったりするのです。そのため足が前後に少し動いても痛くならない程度のスペースをつま先部分に作ってあげることが重要になります。

試着のときは2度のチェックを

靴選びの際の「捨て寸」チェックは2重に行いましょう。
1度目は履いて立ったとき。靴の中のことで目に見えないのがやっかいですが、指を動かすなどして余裕があるかを確認して。靴の上から軽く指で押さえてみるのもわかりやすくてオススメです。
2度目は歩いてみてチェック。歩行時にも捨て寸が確保できたままになっているかどうかを気にしてみましょう。このときに、せっかくとっておいた捨て寸部分に指先が入り込み、指が靴に当たっていたりしているとNG。靴ずれや外反母趾を引き起こしてしまいます。

「捨て寸」のとり方は足・靴の形に合わせて

さてその捨て寸、どれだけとっておけばいいの? 答えは平均約1〜1.5cm。ですが注意して欲しいのは、あなたの足のつま先の形や選ぶ靴の形によって、どこにどれだけ捨て寸をとるかは変わってくるということ。
足のつま先の形は大別して3タイプに分けられます。(参考:指の上のたこ、原因はあなたの足のつま先のかたちにあった!?)5本のつま先の中で親指が一番長いタイプの足なら親指の先の捨て寸を意識して靴選びを。人差し指が一番長い人やすべての指の長さが同じ人は、5本すべての指について捨て寸を意識しましょう。
また、流行のポインテッドトゥなら捨て寸は多めにとっておくのが◎。足が入らない先のとんがり部分は(機能としての)靴の一部ではないと考えてもよいでしょう。逆にラウンドトゥやスクエアタイプのものは、捨て寸が少なめでOKです。

ただし、「捨て寸」のとりすぎに注意

靴選びに重要な捨て寸ですが、とればとるほどいい、というワケでもありません。捨て寸をとりすぎると靴の長さが余計に長くなり、つまずきやすくなってしまいます。また、靴の中で足が動きすぎて、逆に靴ずれの要因にも。

最適な捨て寸が、私たちの靴と心に余裕をもたらしてくれるようですね。