靴ずれ・まめ

「足の小指の付け根が痛い!」を解決する方法

靴と足の小指の付け根が、すれて痛かったりたこができたり……。その症状、実はれっきとした名前があり、「内反小趾」と言います。外反母趾は有名ですが、これはその小指バージョン。親指ではなく、小指の付け根が外側に出っ張ります。それで、靴とその出っ張り部分があたるようになり、痛みはじめるのです。

おそらく、靴が足に合っていないのだろう……という予測はつきますが、そんなことを言っていたら、履きたい靴なんてなくなっちゃう……というのも本音。では、お気に入りの靴を履いたまま、痛みをなくす方法をお教えしちゃいましょう。

履きたい靴をあきらめずに痛みをシャットアウト!

最も手っ取り早い方法は、足裏のアーチをサポートしてくれるインソールを入れること。騙されたと思って一度トライしてみてください。これだけで、痛みは驚くほど軽減されます。内反小趾になる人の足裏の多くは、アーチがなく真っ平ら。このような足はアーチがない分、横幅が広がり、靴からの圧迫を受けやすくなってしまうのです。インソールを入れることによってアーチを作り出せば、足の横幅の広がりが抑えられ、靴からの圧迫が軽減される、というわけです。

履きたい靴をあきらめて、幅の広い靴を選ぶのは逆効果!

あまりにも小指が痛いから、幅の広い靴にチェンジしよう……なんてことも考えるかもしれません。けれどこれ、実はNG行為です!自分の足の幅より余裕のある靴は、概してサイズが大きいもの。そんな靴を履いてしまうと靴の中で足が動いてしまい、たこの原因になってしまうのです。もちろん、小指だってすれることになります。やはり靴は、自分のサイズに合ったものを選ぶのがベスト。そのうえで、小指が当たるようであればインソールを活用しましょう。