外反母趾の予防・対策

外反母趾

外反母趾とは、小さすぎる靴や、先の細い靴を履くことで親指が人差し指の方へと押しやられ、その結果、親指のつけ根が反対方向に飛び出した症状を言います。
指が変形することで痛みを生じるだけでなく、ぴったりと合う靴を見つけるのが困難になります。また飛び出したつけ根部分は摩擦によって炎症を起こすこともあります。
外反母趾形成が疑われる場合、かかりつけの医師に相談してアドバイスを受けてください。

正しくフィットする靴を選ぶことが、外反母趾の予防には大切です。また外反母趾ジェルストレッチャーなどで重なった足指の間隔を広げることで、外反母趾の悪化を防ぐことができます。

クッション性のあるパッド製品を使うと摩擦や圧迫を減らすことができ、すぐに痛みを和らげることができます。外反母趾保護パッドは穴の開いた構造で患部と靴が触れない作りになっており、外反母趾保護ジェルクッションは、薄くて柔らかいジェルなので、きつめの靴を着用するときに適しています。

外反母趾製品