靴ずれ・まめ

靴ずれの定番
かかとの靴ずれの原因について

靴ずれの定番箇所といえば、かかと。歩くたびにかかとがパカッと抜けたり、バックストラップが皮膚に食い込んだり、ゆるくてもキツくても、靴ずれは起きてしまいます。でも、きちんと試着して選んだはずの靴が、なぜ「パカパカ」や「キツキツ」になってしまうのでしょうか。

日本人に多い足幅信仰

まず、日本人に多いのが、足の幅で靴を選んで失敗するケース。実は、日本人女性は「自分の足は幅広」という固定概念からか、実際より幅広の靴を選ぶ傾向があるそうです。足幅で選んでも、他がきちんと合っていれば良いのですが、長さや甲の高さを考えないと一大事。つま先が余り、足は前滑り。おのずとかかとはパカパカして、靴ずれを起こしてしまうわけです。

ブランドより木型

靴は木型を元に作られていますが、必ずしも1ブランド1木型ではありません。デザインや工場で木型が変わることも多く、そうなれば当然個体差が出てきます。「このブランドは、このサイズ」と思い込まず、靴は必ず試着しましょう。その際、片足だけでなく、両足で試すのは、言うまでもありませんね。

夕方に試着…は嘘?

「足がむくんでいる夕方に試着を」という話をよく聞きますが、実はNG。むくんだ足は本来の状態ではないので、正しいフィット感はわかりません。むくむ前の正常な足で試着し、履き心地を判断しましょう。むくんだ状態を考慮することも大事ですが、むくまない工夫もお忘れなく。

かかとの靴ずれは、ほとんど靴が原因。正しい靴を選んで、靴ずれとキッパリ決別しましょう。