靴ずれ・まめ

足のお悩み別!
正しいブーツの選び方と靴擦れ対策

少しずつ肌寒くなり、おしゃれの楽しい季節になってきましたね。秋冬の足元の定番と言えばブーツですが、一口にブーツと言っても様々な形があります。ブーツはパンプスに比べて脚を覆う面積が大きいので、上手く使えば脚のコンプレックスをカバーしてくれますが、失敗すると欠点を目立たせてしまう諸刃の剣。そこで、今回は脚のお悩み別におすすめのブーツをまとめてみました。ブーツにおける靴擦れ対策も追記しましたので、ぜひ参考にしてください。

O脚

日本人に多いO脚ですが、脚を隠そうとしてロングブーツを選んでいる人が少なくありません。でもこれはNG。曲がったラインがブーツで一層目立ってしまうので、膝下丈のロングブーツは避けた方が無難です。おすすめはミドル丈のブーツ。ムートンやくしゅっとたるませるタイプのものなら、ブーツのボリュームで脚の形が目立たなくなりますよ。どうしてもロングブーツが履きたい人は、インソールを使ってみましょう。O脚用のインソールを選べば、矯正効果も期待できるので一石二鳥です。

ふくらはぎが太い

ゆったり目のブーツを選ぶとかえって太く見えます。細く見せたいなら、思い切ってジャストサイズのロングブーツを選びましょう。ただし、素材やフィット感のチェックはお忘れなく。固い革のブーツを強引に履くと、履き口にお肉が乗ってムチムチ感倍増!かえって太って見えるばかりでなく、締め付けることでむくみを誘発する可能性もあるのでお気をつけを。

足首が太い

ムートンやウェスタンブーツ等、ストンとしたデザインはもちろん、少しエレガントなものをご希望ならジョッキーブーツはいかがでしょう。足首までまっすぐ伸びているので、膝下がスッキリ見えますよ。細身のパンツでコーディネイトすれば、足長効果も絶大です。

ブーツの靴擦れ防止について

ブーツは足全体をすっぽり覆うため、パンプスのように簡単には脱げません。そのため、意外と大き目の靴を選んでいる人が多く、それが靴擦れの原因になっているようです。まず、「全ての靴はジャストサイズを選ぶ」という鉄則をお忘れなく。その上で、タイツや靴下で足をしっかり保護します。特にタイツは防寒対策という意味でも強い味方。最近は冷え防止用につま先やかかとが厚めにできているタイツもあるので、そういったものを活用してもいいですね。