たこの症状・予防・対策

たこ

たこは靴との摩擦や圧迫により、皮膚の表面にある角層に絶えず刺激が加わり、角層が厚くなった状態です。しんはありませんが、皮膚が固く盛り上がり、圧迫されると神経に触れて痛みます。
たこは通常クリーム色、円形または卵形で光沢を帯びており、うおの目より大きいものです。
たこは固く、きめの粗い、乾燥した皮膚にできやすくなります。

足を保湿し、ラフ・スキン・リムーバーツインヘッド かかとファイルを使ってピーリングを日常的に行うことで、たこができるのを防ぐことができます。
ゆったりした靴を履くこともまた良いでしょう。
特に母趾球(体重の加重をうける足裏の前部分)の辺りの皮膚が固くなり始めている場合、ハイヒールを履くことをなるべく避けたり、ジェル ハーフ・インソール ウルトラスリム などを靴との摩擦部分に用いることで、さらに皮膚が盛り上がりたこになるのを防ぐのに役立ちます。

硬くなった皮膚は、デュアルアクションたこ取りファイルなどのやすりを使って、徐々に取り除くことができます。やすりを使った後にディープ・モイスチャライジング・クリームなどの保湿剤を塗ると、肌を柔らかく保つことができます。

たこができた場合、うおの目・たこサリチルバンを用いることで除去することができます。その際はラベルをよく読んでください。

うおの目・たこ製品