偏平足の予防と対策

アーチについて

人間の足は体重をかかと、親指のつけ根、小指のつけ根の3点で分散して支えており、その3点を結んで弧を描くばねのようなものをアーチと呼びます。アーチは足裏に3つあり、全身のバランス維持と、歩く時のスムーズな重心移動、歩行時の衝撃吸収などの役割を持っています。
このアーチが崩れて本来の役割を果たせなくなると、歩き方が変化し、痛みを感じたり、外反母趾やうおの目、タコ、あるいは巻き爪といった異常の原因となることがあります。 例えば下図にある①内側の縦アーチが平らになって崩れると「偏平足」となり、歩行時の衝撃吸収の役割が低下します。

正しくフィットした靴を選ぶことで、問題が発生するのを防ぐことができます。減量することで足の圧迫を減少させる効果もあります。

偏平足気味である場合は、土ふまずサポート ハーフインソールなどのインソールを用いることで足の疲れを予防します。

また、足の専門医がデザインしたインソールであるバイオメカニクスによって、歩き方そのものを補整し、正しく歩くことも有効です。

アーチの異常について、正確な診断が必要な場合は、専門の医師などに相談してください。

歩行時の疲労・痛み製品