成長期のお子様へ 靴の選び方

成長期のお子様には

殆どの場合、生まれたての赤ん坊の足には何のトラブルもありません。その状態を保つ最善の方法は、足の成長期早期に細心の注意を払うことです。

7、8歳までの小児の足は軟骨や骨がまだ柔らかく外からの影響を受けやすい状態です。この時期に何らかのダメージが加えられると、不快感や苦痛が起こるだけでなく、その後の成長に影響を及ぼします。

したがって、適切なサイズの靴を選ぶことは小児にとって特に重要です。また、足の成長速度が均一でないことにも注意が必要です。急激な成長のために数週間単位で足のサイズが変わることは珍しくありません。

靴の選択

靴を選ぶ時には必ずサイズを測り、専門的な訓練を受けたスタッフにサイズ合わせをしてもらうのが理想的です。小児用の靴を扱う店では訓練を受けたスタッフを雇っていることが多く、信頼できる店であれば小児用の靴を選ぶ時にスタッフがサイズを測ることを強く勧めるはずです。

実際に履いてサイズ合わせをするだけでなく、成長に合わせて締めたり緩めたりできるように靴ひもや調節可能なストラップが付いた靴を選ぶのも良い方法です。通常、2歳までは3か月の成長を見越してサイズを選びます。2歳を超えてからは、原則として使用期間は最大5か月と考えてください。

小児の足の成長に関して不明な点がある場合は、専門医にご相談ください。小児期の足のトラブルの大半は発達段階の間に比較的容易に治療できます。ちょっとした異常でも早期に対処することで、後々大きなトラブルに発展するのを防ぐことができます。それが最善の方法であることを覚えておきましょう。