バカンスの時のフットケア

バカンスの時のフットケア

バカンスに出かける時、足が休息できることは殆どありません。高温乾燥地域に旅行すると、乾燥肌、かかとのひび割れ、汗の増加の可能性が高くなります。 またバカンスに出かける際に、多くの人が普段履き慣れた快適なフットウェアから、新品のサンダルやビーチサンダルに履き替えます。そのために靴擦れができることが、水膨れや痛みのトラブルの原因になります。 旅行に行く時は、ビーチウェアや帽子と一緒にフットケア製品も忘れずにカバンに詰めましょう。

足も日焼けします!

つま先の上側、足の甲、足首といった部位のことは忘れがちですが、これらの皮膚は薄く、普段は靴や靴下で保護されているため、日焼けの影響を特に受けやすくなっています。したがって、顔と同じように日焼け防止指数が高いクリームを使用した方が良いです。

機内でのDVT対策に

4時間以上のフライトでDVT(深部静脈血栓症)のリスクが増大すると言われています。 フライトソックスなど、段階圧力ソックスを持っていきましょう。