毎日のお手入れ

足の角質が気を汚す?
風水と足裏の関係

風水と言えば、気を利用した環境学の一種。生活環境を整えることで邪気をはらい、運気を上げるという考え方です。皆さんの中にも、開運のために風水を取り入れている方がいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、例え家中をキレイにしても、そこに住む人の身体が清潔でなければ、良い気を吸収できないことは意外と知られていません。特に、地のエネルギーが入るといわれている足の裏はとても大事。角質やタコ、魚の目などを放置していると、気が停滞したり、汚れた状態で身体に入ることもあるのです。

気の出入り口 チャクラ

そもそも、人の身体にはチャクラと呼ばれるエネルギーの出入り口があります。いくつかあるチャクラの中でも、足の裏のチャクラは身体の邪気を排出したり、大地のエネルギーを取り入れる、いわば気の玄関のような場所。常に地面と接していることから風水の影響を受けやすく、精神力や思考力にも影響すると考えられています。足の裏をケアしないことは、すなわち玄関の掃除を怠っているようなもの。それでは、運気が上がらないのも無理はないですよね。

清潔で健康な足でこそ、良い気が巡る

風水の効果を高めるには、清潔な足裏が必須条件。ガサガサ&ゴワゴワのかかとを放置するなど、もってのほかです。定期的なスクラブやピーリングで余分な角質を取り除き、クリーンな状態を維持しましょう。おすすめは、外出先から帰った時にさっとシャワーで足を洗う方法。汚れとともに、外の悪い気を洗い流すことが出来るそうです。また、マッサージや足指じゃんけんで、足そのものを健康にしておくことも大事。足の筋力を上げることで、地に足をつける姿勢「グラウンディング」が安定し、より大地のエネルギーを感じやすくなるとか。さらに、足踏み運動やウォーキングで血の巡りを良くすれば、取り入れたエネルギーを全身に循環させることができますよ。

角質を取って、清潔にして、足底の筋力を上げる…もうお気づきかもしれませんが、実はやるべきことはベーシックなフットケアと同じなんです。思えば、風水やチャクラといった思想も先人の知恵の一つ。「足の裏は清潔かつ健康に!」というメッセージは、時代を超えたものなのかもしれません。そうと決まれば、足裏を綺麗にして恋愛運、金運、仕事運と、どんどん上げていきましょう!私はまず部屋の掃除から始めます…。

<参考>
http://kirei.woman.excite.co.jp/news/detail/20120616091500_hps22400