毎日のお手入れ

なんと他の部位の20倍!?
足裏&かかとの角質の脅威

メイクもファッションもバッチリ!
そんな彼女の足元を見たら‥

かかとがガサガサ‥!
正月をとっくに過ぎた鏡餅のようなひび割れ‥!

こんなガサガサ&ひび割れかかとでは、百年の恋も冷めてしまいそう。
夏に向けてサンダルやミュールを履く事も増えてきますが、皆さんのかかとは大丈夫ですか?

足裏&かかとの角質は、他の部分の約20倍もの分厚さ!

足裏&かかとは日々の歩行で常に衝撃を受けています。そのため体を守るように特に硬い角質の層を重ねています。足の角質の厚さは、体の他の部位の約20倍あり、かかとに至っては土踏まずの約4倍と、非常に分厚くなっています。余分な角質は肌の硬化やひび割れを引き起こしかねません。そのため、分厚くなった余分な角質は除去する必要があります。お手入れの際には足用に開発されたスキンケアを使用することが重要です。

角質ケアで最も重要な2つのプロセス

足裏&かかとの角質ケアをする時には「角質の除去」「保湿」を徹底する事を心がけましょう。

なぜ必要?「角質除去」

足裏の角質は、毎日の歩行で常にたまり続けています。基本的には顔と同じく毎日ケアすることが理想です。ただ時間や手間が割けない場合でも最低でも週に1回以上のケアをしたいところです。角質がたまるとニオイの原因にもなり、見た目以外に衛生上の問題も出てきてしまいます。
※ただし角質は皮膚の保護の役割をするため、除去のしすぎには注意しましょう。

なぜ必要?角質除去後の「保湿」

角質除去後の皮膚は大変デリケートで、乾燥しやすくなっています。また、大量の汗をかく足裏にが、実は皮脂の分泌がほとんどありません。
足裏には汗腺はありますが、皮脂腺はなく、皮脂の分泌をすることができないのです。そのため乾燥し、かさつきやすくなります。かさついた部分からは水分が蒸発しやすくなるため、普段から保湿が必要なのです。
また、分厚くなった角質層は、保湿成分の浸透を防いでしまうため、保湿をする前には必ず余分な角質を除去することを心がけましょう。

充分に角質を除去してからの保湿が一番効果的ということになりますね。
「角質除去」と「保湿」は常にセットで行う!という事を覚えておきましょう。