ドクター・ショールとは

ドクター・ショールとは

100年前から続く、足の専門ブランド。

フットケア専門ブランドのドクター・ショールは、1904年、米国人医師ウィリアム・ショールにより、医学的な知識と数多くの臨床的経験をもとに1904年に創立されました。
製品の第1号は、土踏まずをサポートして足の疲れを軽減する「フレキソフォーム」。その発売から100余年、フットケア専門ブランドとして製品開発を続け、現在ではヨーロッパをはじめとする世界の100カ国以上の国々で愛用されています。

好きな靴をきれいなあしで、我慢せずに履き続ける

一般的にフットケアとは「脚を細くすること」や「ペディキュアを塗ること」など、足を美しく見せるためのケアだという認識があります。

しかしドクター・ショールが考える本当のフットケアとは、足のコンディションを整えることによって、健康的で美しい足を作り出すことにあります。

そしてまた、足と靴がぴったりと合っている状態も大切と考えます。私たちは一日の大半を靴を履いて過ごしており、1日8時間靴を履いている場合、人生の3分の1は靴を履いていることになります。靴と足が合わない状態のままでいることは、足のみならず全身の美容・健康にも影響を及ぼす可能性があるからです。

ドクター・ショールは製品を通じて、足と靴にまつわるさまざまな悩みを解決することで、好きな靴をきれいなあしで、我慢せずに履けるライフスタイルを応援します。

製品へのお問い合わせはこちら

ドクター・ショール フットケア相談室

TEL:0120-634-434

営業時間:平日9:30 〜 17:30(土日祝祭日、年末年始・夏季休暇を除く)